中古住宅不動産習得税はかからない?

スポンサードリク

中古不動産を購入する場合に課される税金

新築の場合とどのように異なるかを知ることは大切です。

不動産習得税はともかく、不動産取得税や登録免許税がどの程度課されるかどうかを知ることは、費用を用意しておくためにも必要です。

中古住宅を購入する場合も新築を購入する場合と同じく、不動産取得税や固定資産税などの税金が発生します。

新築の場合との違いは、軽減税率適用に建築年数等の規定が追加されている点です

普通の規模の新築住宅の場合は軽減税率が適用されるのに対して、中古住宅では適用の基準が厳しくなります。

不動産取得税は不動産を取得した場合に課せられる地方税で、取得後半年程で支払いが発生します。

されに、中古住宅の購入において課せられる税金に登録免許税があります。

登録免許税は所有権の移転登記や住宅ローンを利用する場合の抵当権の設定時に必要となります。

従って、中古住宅を現金で購入した場合や所有権移転登記を行わない場合は、登録免許税は発生しません。登録免許税の場合も、要件を満たせば軽減税率が適用となり、税金が安くなります。

中古物件の場合は適用の条件が厳しくなるので、注意が必要です。不動産取得税が中古住宅購入時だけに課せられるのに対して、固定資産税は不動産の所有者に対して毎年課せられる税金です。

固定資産税の額は地方自治体の担当者が査定することにより評価額が算出されます。中古住宅の場合は新築と比べて評価額は低く抑えられます

。中古住宅の購入に住宅ローンを利用した場合は、所得税の住宅ローン減税が適用になる場合があります。住宅ローン減税が適用になるためには一定の要件が必要です。

中古住宅では築年数が要件となるので、購入時に確かめる必要があります。

中古住宅の不動産習得税の軽減措置について

中古住宅が不動産取得税の軽減税率を適応されるためには、一定の条件に合致している必要があります。

課税標準の特例と言われるものがそれです。その条件とは自己居住用住宅であることです。自分が住むための住宅であることが条件で、たとえ自分が所有していたとしても、自分が住まなければ条件を満たしません。

さらに、住宅の面積も定められています。中古住宅の床面積が50㎡以上240㎡以下の場合に課税標準の特例が適用となります。

住宅の面積は登記上の面積とされ、建築基準法による床面積とは異なる場合があります。また、建築後20年以内であることも適用の条件です。

スポンサードリク

さらに、鉄筋コンクリート造などの耐火住宅は25年以内と、期間が長くなります。購入する中古物件の築年数がこの条件に満たない場合は適用は無く、税額は高くなります。

それ以外でも、地震に対する安全性に係る基準に適合することが証明された物件や、昭和57年1月1日以降に新築されたものも適用になるので、仲介する不動産会社に確認することが必要です。

登録免許税においても住宅用家屋の軽減税率という特例があり、税額に違いが出ます。登録免許税の場合は自己居住用住宅であることが必要で、不動産取得税の場合と同じ要件です。さらに、床面積は50㎡以上が条件とされています。

不動産取得税の特例の場合のように床面積の上限は無いので、一定の注意が必要です

また、建築後20年以内であることや、耐火住宅は25年以内であることは、不動産取得税の特例と同じです。それ以外でも、地震に対する安全性に係る基準に適合することが証明されたものや、中古住宅取得後1年以内に登記がなされたものも軽減の対象となります。

中古住宅の不動産軽減措置を受ける為に必要な事は?

宅ローンを利用して中古住宅を取得した場合は、新築の場合と同じように、所得税の軽減税率が適用となります。

その要件は、中古住宅を取得した日から6カ月以内に居住することや、床面積が50㎡以上で、その家屋の2分の1以上が居住用であることが必要です。

この規定は併用住宅の場合の要件で、床面積の2分の1以上が居住用でない併用住宅は適用の対象外となります。

中古住宅が店舗や事務所等の併用住宅である場合は、居住用の部分の面積を確認する必要があります。

さらに、建築後20年以内の物件であること、耐火住宅の場合は25年以内の物件であることが必要です。

この要件よりも古い中古住宅は注意が必要です。それ以外でも、平成17年4月1日以降に取得した中古住宅が地震に対する安全性に係る基準に適合する場合には築年数の制限はありません。

中古住宅の住宅ローン減税は、確定申告が必要となります。

何もしないで自動的に住宅ローン減税が適用になる訳ではありません。

不動産取得税の軽減措置の適用を受ける場合は、所轄する地方公共団体への申告が必要です。

細かな手続きに関しては自治体の窓口で確認する必要があります。登録免許税は所有権の移転登記や抵当権の設定等が発生した場合に、法務局等で支払いが行われます。

特例の適用は法務局等で該当する項目を記載の上、指示を受ける必要があります。

中古住宅の購入では様々な税金が発生しますが、税額軽減のための特例も用意されています。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク