マンション一戸建てメリットデメリット

スポンサードリク

マンションのメリットについて

マンションのメリットは、同じ立地条件の一戸建てと比べると、物件そのものの価格が安い傾向になるということです。

同じ敷地に一戸建てをたてる場合は、その敷地を一人で取得しなければなりませんが、マンションの場合は複数の家が入居することになりますから、それぞれの割り当てになるので取得費用が安くなります。

そしてマンションは集合体ですから、入居者が多いということは人の流れも増えることから、周辺にショッピングセンターや学校、病院などが多くなり、住環境に優れています。

また高層階のマンションの場合は、害虫などが少ないですし、日照時間が長くなるというメリットもあります。

最近のマンションは防犯意識が高くなっているため、オートロック機能の他に、高性能な鍵を使用、さらに防犯カメラなどが設置されているところが多くなります。

そのおかげで空き巣などの被害を防ぐこともできます。マンションの場合は修繕費という名目で毎月、積み立てする制度が導入されています。

そのため将来の修繕計画などがしっかり行われていますから、修繕するときに別に費用を支払わなければならないという負担を防ぐことができ、常に美観を保った状態のマンションに住むことができます。

マンションのデメリットについて

デメリットは、マンションを購入してからも修繕費や管理費という名目で毎月支払わなければならないということです。

高級マンションの場合は特にメンテナンス費用が高くなるため、修繕費も高く設定されているところが多いです。

またマンションの場合は入居している世帯が多いため、全てに駐車場スペースが行き渡らない場合も多く、駐車場利用料金や駐車場管理料金の負担が必要になるところもあります。

マンションの場合は、防音設備が整えられているものの、隣に住む人や上に住む人の生活音がある程度、聞こえることを承知しておく必要があります。

マンションは資産価値は立地にも左右されますが、年月がたつごとに下がっていきます。

一般的に、マンションは購入したときが一番価値が高くなりますから、売却を考えているときは購入したときよりも価値が下がってしまうことを知っておく必要があります。

また、マンションに入居した場合は管理組合に参加する義務がありますし、集合体として住民同士との交流をしなければならないこともあります。

古くなったマンションの場合、建て直しをしたいと考えても住民全員の意見が一致しなければならいませんから、建て直しや修繕がスムーズに進まないことがあるというデメリットもあります。

スポンサードリク

一戸建てメリットについて

一戸建てのメリットは、物件の購入費用以外はお金がかからないということです。

もちろん固定資産税などの税金などは毎年支払う必要がありますが、マンションのように修繕積立金や管理費、駐車場代などはかかりません。

地域によっては町内会への加入を求められることがありますが、管理組合などへの参加義務はないので、煩わしい人間関係が少ないといえます。

一戸建ての場合は家の周囲に庭があるところが多いので、独立性が高く、隣の家ともある程度のスペースがあります。

そのためプライバシーが守られていますし、生活音などをそれほど気にする必要がありません

庭に駐車場スペースがあれば、駐車場を別に借りる必要もありません。

庭ではガーデニングを楽しめますし、バーベキューなどを楽しむことも可能です。

そして一戸建ての場合は全てが自己所有になりますから、増築したり建て替え、リフォームなども自由に行うことが可能です。

古くなっても、一戸建ての家部分は価値が下がってしまいますが、土地部分には価値がありまり、そのため地価によって左右されることはありますが、家全体で考えれば、マンションよりも築年数がたっても資産価値がある程度は残るというメリットがあります。

一戸建てデメリットについて

一戸建てのデメリットは、同じ立地条件であってもマンションよりも物件価格が高くなる傾向があるということです。

その他には、一戸建ては維持費がある程度かかり、故障や修繕などを積み立てる制度がありませんから、全て自分で管理をしなければなりません。

外壁や屋根修理を行うは、まとまった金額を支払うのは大変ですから、計画的に修繕費を貯めることが必要です。

経年劣化を放置していたら、家そのものの価値が下がってしまうので、定期的なメンテナンスは欠かせません。

その他のデメリットとして、一戸建ては空き巣や放火などの被害にあうことがあるため、防犯設備を整えなければなりません。

マンションのように防犯カメラを自分で設置したり、鍵を2つにしたり二重窓にする自己防衛が必要になります。

その他に、一戸建ての場合は建築素材によっては保温性や耐熱性などが異なりますから、家を取り巻く周辺環境を考慮する必要があります。

場所によっては窓から太陽の光が差し込みにくかったり、虫が発生しやすいということも考えられます。

特に一戸建ての場合はシロアリなどの害虫がマンションと比べて発生しやすくなっていますから、住みやすい環境を整えることが欠かせません。

スポンサーリンク